シチズンの前身「尚工舎」について②

2020-10-18

コラム

t f B! P L

「 シチズン時計の前身「尚工舎」について①」でシチズン時計株式会社の前身とされる「尚工舎時計学校」に関係しそうな「尚工舎」と「尚工舎徒弟補習教育會」について調べたことを記した。


今までの資料から、シチズン時計がその始まりとしている1918年「尚工舎時計研究所」設立の以前から「尚工舎」という工場があり、そこで働く少年たちに教育を授ける「尚工舎徒弟補習教育會」という施設があったことが分かった。

シチズンの歴史について書かれたホームページ等では1921年に「尚工舎時計学校」が設立され、シチズン時計株式会社は1930年5月に「尚工舎」を母体として設立されたとある。


現状調べた範囲では、「尚工舎時計研究所」や「尚工舎時計学校」については見つからなかったが、尚工舎時計学校に関係しそうな「尚工舎時計工業学校」が1926年に設立認可されたことが分かった。

シチズンのホームページでは「尚工舎時計学校」と書かれているが、同じ山崎亀吉に創業された田中貴金属のホームページでは「尚工舎時計工業学校」とあり、なぜ二社が異なる校名を記載しているのか興味深い。


とにかく、1926年「尚工舎時計工業学校」の設立認可が記された官報を見る。


工業高校令に基づいて1926年4月からその設立が認可され、
名称 尚工舎時計工業学校
位置 東京府豊多摩郡戸塚町
設立者 山崎亀吉
入学資格 尋常小学校卒業程度
修業年限 4年
とある。

また、1931年に発行された最新官費貸費学校入学案内という書物に、尚工舎時計工業学校に関する記述があるため紹介する。


所在地が東京府 下戸塚 369に変わっているが、下戸塚は現在早稲田大学があるあたりのようだ。
学費無料で中学校卒業程度の工業諸学科と時計の原理、製作実習などが学べるとあり、設立根拠が工業学校令であることから分かるように、工場徒弟を対象とした学校ではなく、純粋に時計工を目指す工業学校だったようだ。

本書に記された他の学費を取らない学校は学歴要件や入試があることが多いようなので、入学資格がゆるいこの学校はそれほど人気でなかったようだ。



また、先の”最新”入学案内は1931年に発行されたものだが、実は1930年に尚工舎時計工業学校は名称変更と移転をしたことが以下の1930年官報から分かる。

1930年8月に、尚工舎時計工業学校の名称が「日本時計工業学校」に変更され、
所在地も東京府荏原郡世田谷町に変更されていたのだ。
これは全く聞いたことが無い。

1930年といえば、5月に尚工舎を母体にシチズン時計株式会社が設立された年である。

下記URLのシチズンホールディングス元社長の梅原氏のお話によると、「尚工舎時計研究所」が倒産し、それをもとに中島与三郎が作ったのが「シチズン時計株式会社」であるということだ。
https://www.adcom-media.co.jp/remark/2017/06/25/26268/4/

つまり「尚工舎」もしくは「尚工舎時計研究所」は中島与三郎が引き継ぎ「シチズン時計株式会社」になり、
「尚工舎時計工業学校」は他の誰かが引き継いで「日本時計工業学校」になったのだろうか。


日本時計工業学校のその後については、以下の1942年の官報に書かれている。

1942年に私立学校令十条に基づき閉鎖の命令が出ている。
また、所在地が東京府東京市大森区田園調布になっていたようだ。

時代背景的に戦争関係で閉鎖されたのかと勝手に思ったが、私立学校令10条について調べると以下のような条文だったようだ。

第十条 左ノ場合ニ於テハ監督官庁ハ私立学校ノ閉鎖ヲ命スルコトヲ得

 一法令ノ規定ニ違反シタルトキ

 二安寧秩序ヲ棄乱シ又ハ風俗ヲ壊乱スルノ虞アルトキ

 三六箇月以上規定ノ授業ヲ為ササルトキ

 四第九条ニ依リ監督官庁ノ為セル命令ニ違反シタルトキ

つまり①命令違反、②安寧秩序を乱す、③6か月以上授業をしていなかった、④監督官庁の命令に背いた のいずれかに該当して閉鎖命令が出たのだ。


何があったのだろう。


特に結論も何もないが、ここまで「尚工舎」まわりの資料を探し、あれこれ書いた。

どなたかのご参考になればいいと思う。


個人的には、シチズンの出発点が「尚工舎時計研究所」とされているが、尚工舎時計研究所の出発点が「尚工舎」にあるように思われるので、尚工舎についてより掘り下げて調べたい。


また、当時の少年労働の一部を覗き見て興味を抱いたため、当時の少年労働について調べてみたいと思う。

現在の感覚から言えば、大東亜戦争で少年らが軍事工場で働いていたことがおかしなことに感じられるが、当時の感覚から言えば普通のことだったのではないかと感じた。

Search This Blog

Follow by Email(メールでフォローする)

Translate

QooQ