切り餅事件(知財高裁平成23年9月7日中間判決)

概要

本判決は特許請求の範囲の文言の意義が明確とは言い難い事案において、

①特許請求の範囲の記載全体の構文も含めた通常の文言の解釈

②明細書の発明の詳細な説明の記載

③出願経過

の観点から詳細な検討を行い、技術的範囲の属否を判断した。


事案

越後製菓:発明「餅」の特許権者

佐藤食品工業:上下面および側面に切込みを設けた餅を製造販売

特許請求の範囲の記載:「載置底面又は平坦上面ではなくこの小片餅体の上側表面部の立直側面である側周表面に、このりっちょく側面に沿う方向を周方向としてこの周方向に長さを有する一若しくは複数の切込み部又は溝部を設け…」

佐藤食品工業の製品には、切餅の「側周表面」だけでなく、「上面及び下面」にも十文字状の切り込み部が設けられていた。

越後製菓は佐藤食品工業の切餅が本件発明の技術的範囲に属すると主張し、特許権侵害訴訟を提起した。


判決

知財高裁は、

①特許請求の範囲の記載全体の構文も含めた通常の文言の解釈

②明細書の発明の詳細な説明の記載

③出願経過

の観点から詳細な検討を行い、

佐藤食品工業の切餅は本件発明の技術的範囲に属するとした。

『載置底面又は平坦上面ではなく…側周表面に…切り込み部を設け』との記載は、『側周表面』であることを明確にするための記載であり、載置底面又は平坦上面に…切り込み部等を設けることを除外するための記載ではない。とした。

本中間判決の後、終局判決において差止めおよび損害賠償請求が認められ、佐藤食品工業の上告・上告受理申立は斥けられた。


参考文献:別冊Jurist No.244 August 2019 特許判例百選 第5版 p.8~9

裁判所ページの判決全文参照



Search This Blog

Translate

QooQ