バンドワゴン効果(バンドワゴンコウカ)

バンドワゴン効果とは、消費者需要に対する外部効果の重要さを最初に検討したハーベイ・ライベンシュタインが需要に対する重要な社会的影響力であると認めた顕示的消費に関する重要な3つの効果の一つである。他の2つはヴェブレン効果とスノッブ効果である。


バンドワゴン効果は、「時勢」に付いて行ったり、連想をつうじて結びつきたいと欲した人々に順応したり、さらには上流階級風になったり、流行を満たしたり、あるいはまた「同好の士」であるように見せかけたりするために、商品を購入しようとする大衆の願望のことである。

他人が買わないから買いたくなくなるという「逆のバンドワゴン効果」についてもライベンシュタインは言及している。

Search This Blog

Translate

QooQ