ヴェブレン効果

 ヴェブレン効果とは、消費者需要に対する外部効果の重要さを最初に検討したハーベイ・ライベンシュタインが需要に対する重要な社会的影響力であると認めた顕示的消費に関する重要な3つの効果の一つである。他の2つはバンドワゴン効果とスノッブ効果である。


ヴェブレン効果は、通常「物は安ければ安いほど需要が増大する」という「価格効果」の反対の効果で、「高ければ高いほど需要が増大する」効果である。

消費が、ステータスや高い格式を入手して他人に富を見せびらかす手段として意図される場合に強く働く。

Search This Blog

Translate

QooQ